[PR]

 森友学園の公文書改ざん問題や前事務次官のセクハラ問題を受け、財務省は部下が上司を評価する「360度評価」の導入などを盛り込んだ改革案の中間報告をまとめた。19日に公表し、来年6月までに最終報告をまとめる。

 中間報告によると、コンプライアンス(法令や社会規範の順守)や内部統制を改善するため、評価制度の見直しのほか、省内に設置した「コンプライアンス推進会議」に弁護士ら外部有識者を起用。若手が幹部職員に相談できる「よろず相談員制度」の検討や、保育所の設置なども進める。財務省は今後、本省や財務局などに中間報告の内容を説明して意見を募り、改革案を具体化させる方針。

 ただ、トップの麻生太郎財務相…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら