[PR]

 18日未明、仙台市太白区郡山1丁目の本間吉雄さん(72)方が全焼し、6人の遺体が見つかった火事は、本間さん一家6人と連絡が取れず、宮城県警は家族の名前を公表した。遺体に目立った外傷はなく、県警は司法解剖して身元や死因を調べるとともに、19日も消防と出火原因を捜査する。

 仙台南署によると、安否が分からない6人は、本間さんと妻みつさん(71)、長女青木玲子さん(42)、次女本間敦子(あつこ)さん(39)、玲子さんの長男青木孝憲(たかのり)君(9)、次男孝龍(こうりゅう)君(6)。署は遺体がこの6人とみて確認を進める。

 本間さん方は1階に子ども部屋と居間、台所などがあり、2階に4部屋がある。遺体は1階で大人2人、2階の室内で大人2人、ベランダで子ども2人が見つかった。炎の勢いが強く、北側の屋根が焼け落ちていた。本間さん方では昨年8月、深夜に車や自転車などが焼ける不審火があったが、今回は屋内から出火した可能性が高いとみられるという。

 現場は仙台市南部のJR東北線長町駅から東へ約500メートルの住宅街。

 「今日はまだ来ないな」。小学3年の孝憲君の同級生(9)はこの日の朝、いつも孝憲君が曲がってくる通学路の角に立ち、心配そうな顔を見せた。「ゲームが好きで、ステージのことを教えてくれた」

 いつも一緒に登校していたという別の男児(10)も「面白いことを言って笑わせてくれた。火事があったと聞いてびっくりした」と話し、母親に付き添われて登校した。

 孝憲君と同じサッカー教室に通う小学5年の男児(11)は「ピンチでも冷静にプレーしていた。来週も練習に来てくれないかな」と、涙をこらえながら話した。男児の母親(34)は孝龍君が練習場に来たとき、みつさんが「孫が走り回るので大変です」と笑っていたのを思い出した。孝憲君が「ここは騒ぐ所じゃないよ」と言い聞かせることもあったという。

 孝憲君の小学校の教頭によると…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら