[PR]

 青い三角旗のマークが付いた小瓶は、朝の食卓の定番だ。パンに塗って食べれば、甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。アヲハタは、国内シェア3割を占めるジャムの最大手。だが、その市場は決して甘くない。

 真っ青な瀬戸内海と島々を望む、のどかな海沿い。アヲハタの本社や工場は広島県竹原市にある。ここで加工されたジャムは、全国に送られる。近くには旧工場を改装した、見学やジャムづくりの体験のための施設もある。

 野澤栄一社長(64)は「ここから会社の歩みが始まったのはなぜか。商品づくりにどう力を入れてきたのか。そうしたストーリーを伝え、ファンを増やしていくにはぴったりの場所だ」と話す。

 温暖な気候を利用して、対岸の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら