[PR]

 犯罪史に残るオウム真理教事件。坂本弁護士一家事件が起きたのは平成最初の年だった。松本サリン事件、市民を無差別に殺傷した地下鉄サリン事件と続き、「テロ」という言葉を日本社会が受け止めるべき時代の始まりとなった。当時、警察はどう動いたのか。警察幹部の証言と内部記録から掘り起こした。(編集委員・吉田伸八)

国松孝次・元警察庁長官(81)

 1991年1月に警察庁刑事局長に就いた時、(1年2カ月前に起きた)坂本弁護士一家の事件について、「オウム真理教による疑いが強く、その線で捜査している」と報告を受けた。遺体を埋めたという投書に基づき神奈川県警が長野県の山中を捜索したが見つからず、確証が取れないとのことだった。その後もオウムに関する報告は随時受けていた。

 

 93年に次長になり、94年6月に松本サリン事件が起きた。長官に就いたのはその約2週間後だ。事件の数日後、科学警察研究所の所長が「サリンです」と顔色を変えて報告に来た。日本には存在しないはずの毒ガスだという。そんなものをどうやって作るんだと思った。サリンは当時、日本では製造や所持をしても違法でなかった。

 長野県警の捜査は第一通報者の河野義行さん(68)に向かっていたが、それは違うのではないかと。サリンの原材料の捜査などから、8月ごろにはオウムが関与している可能性があるという話になってきた。

 

 9月ごろだったと思うが、山梨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら