[PR]

 堺市で8月、14階建ての大阪府営住宅から自転車が投げ落とされ、当たった女性が重傷を負った事件で、大阪府警は19日、大阪市生野区中川西1丁目の無職泉谷(いずたに)直樹容疑者(26)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。泉谷容疑者は「女性を狙ったつもりはない」と供述しているという。

 堺署によると、逮捕容疑は8月28日午後3時15分ごろ、堺市堺区戎島町1丁の府営住宅12階から、自転車1台(重さ約20キロ)を約30メートル下に投げ落とし、地上階を歩いていた住民女性(76)に当てて殺害しようとしたというもの。女性は頭部を約15センチ切るなどの重傷を負った。泉谷容疑者と面識はなかったという。

 落とされた自転車は12階に止められていたもので、当時、複数の住民が同階で奇声を上げる不審な男を目撃。府警がエレベーターなどの防犯カメラを調べたところ、事件直後に男が立ち去る様子が映っていたという。その後の足取りなどを捜査する中で、泉谷容疑者が浮上したという。

 府警は、泉谷容疑者が12階で何者かと口論していたとみている。府警に対して「怒りにまかせて自転車を投げた」と説明しているという。