拡大する写真・図版 ロシア南部ソチで18日、国際有識者会議「バルダイ・クラブ討論会」に出席するプーチン大統領。スプートニク提供=ロイター

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は18日、北朝鮮の非核化が進展した場合、「ロシアは中国、米国とともに北朝鮮に安全を保証する役割を担うことができる」との考えを明らかにした。ロシア南部ソチで開かれていた国際有識者会議「バルダイ・クラブ討論会」で会場からの質問に答えた。

 プーチン氏は2度目の米朝首脳会談への期待を表明し、北朝鮮に安全保障への確信を与えることが非核化を進めるため「非常に重要な要因になる」と強調。「もし北朝鮮が(同国の安全をめぐる)米国の約束を信じることができるなら、その方が望ましい」とする一方、「安全の保証を現実的なものにするには国際的な保証である必要がある。北朝鮮の隣国であり、国連安保理の常任理事国、核保有国であるロシアは中国、米国とともに貢献できる」と述べた。

 またプーチン氏は、北朝鮮が望む、韓国と北朝鮮、ロシアを結ぶ鉄道事業を積極的に進める考えも強調。さらにロシアから北朝鮮を経て韓国まで天然ガスパイプラインを敷設するため合弁会社を作ることができるともし、「経済での共同作業が政治、安全保障の問題を解決する条件を生み出す」と述べた。(ソチ=喜田尚)