[PR]

 菅義偉官房長官は19日、経団連の中西宏明会長らとの懇談会で、来年の春闘について「(来年10月の)消費税率の引き上げを踏まえて、さらにみなさんには一層の努力を期待したい」と賃上げを要請した。6年連続で政府主導の「官製春闘」になりそうだ。

 菅官房長官は「今年の春闘では、経団連の調査で4分の3の企業が3%以上の賃上げをした。デフレ脱却、経済の好循環を確かなものにしたい」と語った。中西会長は懇談会の後、記者団に「賃上げ要請は当然」と同じ認識だと強調。「消費が冷え込むことは経済界としても避けたい」として、前向きに賃上げを検討する姿勢を示した。

 経団連がまとめた今春闘の大手企業の賃上げ率(ベースアップと定期昇給分)の最終集計は2・53%だったが「賞与を加えた年収ベースでは3%に達しているのでは」(幹部)と説明している。(加藤裕則)