[PR]

 公開中の映画「旅猫リポート」で、訳あって飼えなくなった愛猫と一緒に、新しい飼い主を探す旅をする青年の役を演じた俳優の福士蒼汰さん。自身も、長く犬と暮らした経験があるそうです。動物と長く一緒に過ごす中で感じるようになった思いについて、語ってもらいました。

 ――猫との共演シーンが多い作品です。

 撮影中は約1カ月半、猫と一緒に過ごしました。猫とこれほど長い時間接することはこれまでの人生でなかったので、最初は戸惑いました。

 でも、だんだんと猫のかわいさがわかってきました。車の中など狭い空間で、僕と猫だけがいるシーンを撮ることが多かったこともあり、撮影の中盤あたりから、僕としては打ち解けられたかなと感じています。

 共演した猫の「ナナ」は、普段はクール。でもシャンプーをするシーンなど、苦手なことを求められると自分にくっついてくるんです。そういう「ツンデレ」なところが、なんとも言えずかわいかったですね。ツンデレといっても、「ツン」の部分が多めでしたが、そこもきゅんとします。

 ――ナナとの撮影で気を付けたことはありますか?

 自分自身、実家で犬を飼っていたことはあるのですが、犬と猫とでは接し方や遊び方も全然違うんです。ナナに少しでも落ち着いてもらえるように、抱っこの仕方を「こうかな」「こっちかな」なんて試行錯誤したり、猫の気分が乗ってくるタイミングを待ち構えて演じてみたりと、撮影は最後まで「ナナのペース」で進みました。

 でも、その待っている時間も、猫のしぐさがかわいくて、見ていて飽きなかったんです。猫って不思議です。

 撮影が終わって、映画の公開までは1年半くらい空いていました。映画のプロモーションが始まって久しぶりに会うとき、「覚えているかな?」と少し不安でした。どうやら、覚えていてくれたようです。

 ――実家で犬を飼っていたんですね。

 小学生から高校生のころの話です。ずっと、姉が両親に「飼いたい」とねだり続け、ようやく飼うことができた犬。トイプードルで「モモ」という名前で、青春時代はずっと一緒でした。仲間というか、友達というか、そんな存在。学校から帰ると、モモにしか言えない話を打ち明けるなどしていました。

 ――家族にペットが加わり、何か変わったことは?

 言葉で説明するのは難しいですが、家族のまとまりがより強いものになったという感じがしました。モモを中心にして、家族が存在しているような。モモのことは皆が心配するし、皆がかわいがる……。そんな時間を経て、家族のあり方が深まった気がしていました。

 ――みとりも経験されたのですね。

 モモの場合、なんとなく「もう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら