[PR]

 南阿蘇鉄道のトロッコ列車で19日、高森中央小(高森町)の6年生42人が車掌を務めた。乗車した保護者約20人を前に沿線の見どころを解説。アドリブで秋の阿蘇の風景も見事に説明し、拍手喝采を浴びた。

 車掌体験は南阿蘇鉄道で働く高森町の地域おこし協力隊の染田麻弓子さん(33)が企画。熊本地震で被災した同鉄道の復旧と全線再開に向けて「地元の子どもたちに鉄道に愛着を持ってほしい」と提案し、同小が6年生の総合学習と国語の授業に採り入れた。

 7月から始まった授業で、今回が集大成の4回目。児童はこれまでの授業で鉄道の歴史を学び、実際の車掌のガイドを見て、自分たちの原稿を準備した。

 19日は八つの班ごとに一駅ず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら