[PR]

 福岡県は19日、今年度の県文化賞をお笑いコンビ「博多華丸・大吉」、直木賞作家の東山彰良さん(50)、ゲーム開発会社「レベルファイブ」社長の日野晃博さん(50)に贈ると発表した。贈呈式は来年3月。

 華丸さん(48)、大吉さん(47)のコンビはともに県内出身。博多弁の正統派漫才で人気を博し、今年4月からはNHKの朝の情報番組でキャスターを務めている。テレビ番組などで、福岡や九州の魅力を発信していることが評価された。

 台湾生まれの東山さんは9歳で福岡市に移住。台湾を舞台に主人公が祖父の死の謎に迫る小説「流」で、2015年の直木賞を受賞した。福岡の観光PRを目的とした短編小説も執筆しており、県の文化の普及、振興に貢献している。

 日野さんは大牟田市出身で、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら