[PR]

 「海の紅葉」と呼ばれ、秋の有明海沿岸を真っ赤に染める佐賀市のシチメンソウに異変が起きている。9月の台風の後、半分以上が枯れて茶色に。原因は分からず、恒例のまつりを前に関係者は戸惑いを見せる。

 シチメンソウは佐賀市東与賀町の東与賀海岸に、東西約1・6キロにわたり群生している。海岸の清掃などを続けてきた「シチメンソウを育てる会」の石丸義弘会長(74)によると、9月中旬までは順調に育っていた。しかし同月末の台風通過後、茶色く立ち枯れた状態が広がっていたという。「こんなになったのは初めて。猛暑や台風など気象条件が関係するのか……」と漏らす。

 例年は12月に種を取り、生育が少ないところにまいている。今年は枯れた面積が広く、種が足りるかも心配だ。

 11月3、4日に開かれる「シ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら