[PR]

 性行為について互いの意思を確認することを「性的同意」と呼ぶ。あまり知られていないこの言葉や考え方を知ってもらおうと、大学生らが京都市男女共同参画推進協会とともに冊子「ジェンダーハンドブック」をつくった。

 京都大の卒業生、高島菜芭(なは)さん(22)は昨年末、大学教員を通じて協会と縁を得た。性教育やジェンダーに関心がある高島さんと、若者と事業をしたい協会の考えが合い、冊子をつくることになった。

 大阪大の学生4人も加わり、議論をして決めたテーマが「性的同意(セクシュアル・コンセント)」。高島さんら3人は留学経験者で、「海外では知っている学生が多い。日本では広まっていないし、教えてもらった記憶もない」。関連する国内外の本を読んだり、性について大学生にアンケートしたりした。

 注目してほしい力作は、「付き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら