[PR]

 19日午後5時半ごろ、山陽新幹線の姫路駅(兵庫県姫路市)で、博多発東京行き「のぞみ180号」が通過する際に、線路上で人と接触した。

 JR西日本とJR東海によると、東海道・山陽新幹線の東京―博多間の上下線で一時運転を見合わせたが、東海道新幹線の東京―新大阪間は午後8時15分ごろから順次再開した。山陽新幹線も午後8時47分に全線で再開した。遅れなどダイヤの乱れは終日続く見込み。

 姫路署によると、駅の防犯カメラに通過直前に男性とみられる人が線路上に飛び降りる姿が映っていた。署は自殺を図ったとみて調べている。成人とみられるという。

 週末の帰宅時間帯で、線路上や駅で停車した新幹線の車内に「缶詰」となった乗客も多いとみられる。新幹線各駅のホームも運転再開を待つ客で混雑した。

 停車した新幹線には朝日新聞記者も乗り合わせた。電車は名古屋駅を出たところで減速し、岐阜羽島駅で立ち往生。車内では、電話で状況を伝えるために、スマホを持ってデッキスペースと客室を行き来する人たちの姿が見られた。

 午後6時半ごろ、「運転再開見込みは午後7時半を予定しています」とアナウンスが流れると、車内にため息がいっせいにこぼれた。

怒号、ため息…東京駅ホーム混乱

 東海道・山陽新幹線の全線で運転見合わせが続いた19日夕。JR東京駅の東海道新幹線のホームや改札内は、運転の再開を待つ人たちであふれた。運転再開見込みの時刻とされていた午後8時に、「運転再開は午後8時15分になります」との放送が構内に流れると、「ふざけるな」と怒号がとんだり、大きくため息をもらしたりする人もいた。