[PR]

 東京都港区六本木5丁目のマンションの一室で18日、シーツにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、警視庁は19日、女性の身元について横浜市青葉区梅が丘、日米両国籍の職業不詳バレツタ久美さん(29)と確認し、発表した。司法解剖の結果、死因は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折に伴う脳の損傷だった。同庁は殺人と死体遺棄の疑いで捜査している。

 組織犯罪対策2課によると、バレツタさんの頭や顔には物で殴られたような複数の傷があり、死後数日~10日程度という。事件以前、バレツタさんがこの部屋に複数回出入りしていたことを確認したという。同課は、この部屋の住人の40代の男性が何らかの事情を知っているとみているが、捜査関係者によると、男性は13日、マレーシアに出国したという。