【動画】時紀行 木の年輪から明かされる古代の姿=小滝ちひろ撮影
[PR]

 奈良総局で文化財を担当していたころ、「年輪部屋」によく通った。

 奈良文化財研究所にある年代学研究室。ここには、全国各地からさまざまな木の遺物が持ち込まれる。その年輪を測ると、材木が切られた年代がほぼピンポイントでわかる。「絶対年代」というやつだ。

 考古学の場合、ほとんどはモノの新旧関係から探る「相対年代」。「これは何年の遺跡」と言い切れることはなかなかない。それが年輪ならば可能だというのだから痛快だった。

 この研究法の草分けである光谷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース