[PR]

 政府は26日、作曲家の一柳慧(いちやなぎとし)氏(85)、陶芸家の今井政之氏(87)、租税法学の金子宏・東京大名誉教授(87)、情報工学の長尾真・京都大名誉教授(82)、劇作家・評論家の山崎正和氏(84)に文化勲章を贈ることを決めた。文化功労者には、作曲家で日本音楽著作権協会(JASRAC)会長を務めた都倉俊一氏(70)、冬季五輪金メダリストの笠谷幸生氏(75)、小説家の高樹のぶ子氏(72)=本名・鶴田信子=ら20人を選んだ。

 文化功労者は昨年まで15人だったが、法改正で文化芸術基本法ができたこともふまえ、メディア芸術など新たな分野に光があたるよう5人増やした。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は5日に東京・虎ノ門のホテルオークラ東京である。

 文化功労者はほかに、小説家の阿刀田高氏(83)▽作曲家の池辺晋一郎氏(75)▽書家の井茂圭洞(いしげけいどう)氏(82)=本名・井茂雅吉▽建築家の伊東豊雄氏(77)▽薬学・生化学・薬学教育の宇井理生(みちお)・東京大名誉教授(85)▽哲学・宗教哲学・国際貢献の上田閑照(しずてる)・京都大名誉教授(92)▽商法学の江頭(えがしら)憲治郎・東京大名誉教授(71)▽能楽師の大槻文蔵氏(76)▽歌舞伎俳優の片岡仁左衛門氏(74)=本名・片岡孝夫▽アートディレクターの北川フラム氏(72)▽フランス文学の塩川徹也・東京大名誉教授(73)▽分子認識化学・集積機能化学の新海征治・九州大名誉教授(74)▽企業メセナ協議会名誉会長の福原義春・資生堂名誉会長(87)▽料亭「菊乃井」当主の村田吉弘氏(66)▽和食文化国民会議理事の茂木友三郎・キッコーマン名誉会長(83)▽細胞生物学の森和俊・京都大教授(60)▽有機合成化学の山本尚(ひさし)・米シカゴ大名誉教授(75)。

 文化勲章での租税法学、情報工学分野の受章と、文化功労者でアートディレクター、分子認識化学・集積機能化学、大衆音楽・音楽著作権、文化振興(企業メセナ)、同(食文化)分野の顕彰は初めて。