[PR]

 健康機器メーカーのタニタが、東京大学や岡山市の医療機関などと連携し、ビッグデータを生かしたヘルスケア事業を始める。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発症リスクを「見える化」するなど、個人の健康情報のデータベースをもとにしたビジネスをめざす。

 企業の健康づくり支援などで集めた80万人分のデータと、医療機関で得られる健康診断のデータを統合。そのデータをもとにメタボのリスクを予測し、生活習慣や趣味などにあわせた健康維持策を提案していく。

 今回の事業には、官民ファンド「INCJ」などが35億円を出資する。タニタの谷田千里社長は「個々人のライフスタイルに結びついた効果的な健康サービスを提供する」と話す。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(長橋亮文)