[PR]

 北海道胆振東部地震で震度7を観測した北海道厚真町の町立厚真中学校吹奏楽部によるチャリティーコンサートが21日、同校で開催される。学校再開から約1カ月、部員たちはそれぞれの思いを胸に舞台に立つ。

 「よし、いきましょう。ワン、ツー、スリー、フォー!」。20日午前、顧問の滝口翔平教諭(28)のかけ声で、軽やかな音色が響き渡った。コンサートで披露する「負けないで」(ZARD)は約20人の部員たちがパートごとに代わる代わるメロディーを奏でる。

 地震で部員全員が被災した。学校が再開したのは地震から約2週間後。部活再開にはさらに1週間ほどかかった。10月に予定されていた定期演奏会は中止になった。3年生の最後の舞台になるはずだった。日下このみさん(3年=フルート)は「楽器が無事か心配で、もう吹けないかもって不安だった」と振り返る。

 再開後、最初の合奏は「ジブリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら