[PR]

 名古屋市の名古屋国際会議場で21日にあった第66回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部に、北海道支部代表として2校が出場。遠軽は前半の部で銀賞、東海大札幌は後半の部で、7年連続となる金賞に輝いた。

 東海大札幌は36回目の出場の伝統校。自由曲は、「陽が昇るとき」(高昌帥)。厚みのある音で情景を描き出し、貫禄のある演奏に会場からは大きな拍手がおくられた。

 部長の落合杏美(あみ)さん(3年)は「みんなが一体となった満足のいく演奏でした」。副部長の遠藤小雪さん(同)と村田陽菜(ひな)さん(同)は「つらいこともあったけど、みんなの思いが出せました」と話した。

 指揮者で顧問の井田重芳教諭(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも