[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日、訪問先のブリュッセルで、英国のメイ首相と会談し、「北朝鮮が非核化を進展させる場合に、人道的支援や制裁の緩和が必要だ」と述べ、国連安全保障理事会で議論するよう提案した。メイ氏は北朝鮮の現在の措置だけでは不十分との認識を示した。韓国大統領府が明らかにした。

 文氏はメイ氏に「北朝鮮は豊渓里(プンゲリ)核実験場を廃棄し、東倉里(トンチャンリ)のミサイル実験場と発射台の廃棄を約束した」と説明。さらに「(3回目の南北首脳会談では)米国の対応次第で、寧辺(ヨンビョン)の核施設の廃棄の用意があると明らかにした」と語った。その上で「北朝鮮が継続して非核化措置を進められるよう、安保理を中心に知恵を集めるべきだ」と制裁緩和に向けた議論の開始を求めた。

 これに対し、メイ氏は「北朝鮮の非核化プロセスを促進するための議論は必要だ」と応じたが、「北朝鮮はCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)に対する大胆で具体的な行動が必要だ」と主張。北朝鮮の現在の措置だけでは不十分だとして、「北朝鮮の核放棄は後戻りできない」との文氏の認識と隔たりを見せたという。

 文氏は、ブリュッセルで開かれたアジア欧州会議(ASEM)首脳会合にあわせて13日から欧州5カ国を訪問した。15日にパリで会談したフランスのマクロン大統領にも同様の提案をしたが、マクロン氏も「実質的な非核化が実現するまでは制裁を続けるべきだ」として賛同しなかった。

 文氏の発言の背景には、米朝間で早期開催で一致した2回目の米朝首脳会談の調整が滞っていることへの危機感がある。欧州では文氏の前のめりな姿勢への懐疑も広がっている。外交筋によると、欧州のある外交官は最近、韓国側に「どう見れば北朝鮮が非核化を誓約していると言えるのか」と問い合わせたという。

 北朝鮮の非核化を促すには、国連制裁の緩和が不可欠との持論をもとに安保理常任理事国の英仏との会談に臨んだが、不調に終わった。

 一方、韓国大統領府は、18日にバチカンであった文氏とローマ・カトリック教会のフランシスコ法王との会談では、法王は文氏の取り組みを評価し「止まらず前に進め、恐れるな」と励ましたと発表した。(ブリュッセル=武田肇)