[PR]

 「半裸の男性がサッカーをする姿を、女性がスタジアムで観戦するのは罪だ」。イランで、イスラム教に厳格な保守強硬派が率いる司法府の検事総長の発言が、波紋を呼んでいる。保守強硬派内からも反対意見が出たほか、ネット上でも批判の意見が相次いでいる。

 イランメディアによると、発端は16日にあったイラン代表とボリビア代表のサッカーの親善試合。代表チーム関係者の女性ら約100人がテヘラン市内のスタジアムに招待され、試合を観戦した。これに対し、最高指導者ハメネイ師の影響下にある保守強硬派が猛反発。モンタゼリ検事総長が「女性の観戦が続くようなら、検察が介入する」と実力行使に出る構えを見せた。

 イランでは1979年のイスラム革命を受けて、人気のある男性スポーツを女性が競技場で観戦することができなくなった。禁止する法律はないが、痴漢や暴力を受けるのを防ぐための措置とされている。

 だが、政府は6月のワールドカップで、イラン代表の試合のパブリックビューイングのためにスタジアムへの女性の入場を容認。男子サッカーはイランで男女を問わず人気スポーツでもあり、女性の観戦解禁への機運が高まっていた。

 検事総長の発言には、同じ保守強硬派からも反対意見が続出。地元メディアなどによると、ハメネイ師が指名する国営放送の前総裁も「サッカー選手は半裸などでない。適切な娯楽のない女性の邪魔をしてはならない」と批判。ネット上でも、「サッカー選手が半裸というなら、テレビで見ても罪になるのか」などといった意見が相次いでいる。(テヘラン=杉崎慎弥