[PR]

 10月上旬、平日の昼下がり。手に包帯を巻いた高齢の男性。杖をついたお年寄りの女性。作業着姿の中年の男性。ソファが並ぶ小さな待合室には、2時間ほどの間、ひっきりなしに患者が訪れた。

 昨年春に原発事故に伴う避難指示が一部解除された福島県富岡町。JR富岡駅近くの診療所「富岡中央医院」は解除直後に再開業した。

 「爪、治って良かったですね」。診察室で井坂晶院長(78)が患者の男性に笑顔で話しかける。「通ったかいがありました」。男性の声も明るい。

 丁寧さが信条だ。患者の訴えに…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら