[PR]

 第66回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は21日、名古屋市の名古屋国際会議場で高校の部があった。東関東代表3校のうち、県勢は29回目の出場となった市立柏と、32回目の出場の市立習志野の2校が練習の成果を披露し、ともに銀賞を受けた。

 28日には兵庫県尼崎市で職場・一般の部があり、県勢では6年連続6回目の出場となる光ウィンドオーケストラが大舞台に立つ。

 部員が毎年200人を超える市立柏高校の吹奏楽部は、コンクールやマーチングなど三つのグループに分かれて活動し、1年間に計約80回のステージに立つ。現在の部員は230人。今年度は例年より“国際色”の豊かな年になった。

 4月に中国・上海での国際音楽…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも