[PR]

 68人の命を奪った2004年の中越地震から23日で14年。最大震度7の激震に襲われた中山間地では人口減に拍車がかかった一方、起業して働き場所をつくった人もいる。

 長岡市山古志地域の食堂「山古志ごっつぉ 多菜田」の代表、五十嵐なつ子さん(67)。今年の12月で開店10周年を迎える。

 レンコンやオクラといった地の野菜の天ぷら、カグラナンバンを使ったカレー、山古志牛の牛丼などがメニューに並ぶ。「ごっつぉはごちそう。私らかあちゃんが地の材料で作っています」

 店ができるきっかけは2004…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら