写真・図版

[PR]

 青森県つがる市の国道101号で9月、酒を飲んで乗用車を運転し、制限速度を大幅に上回る時速約130キロで暴走して4人が死亡する多重事故を引き起こしたとして、県警は22日、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、運転していた団体職員、高杉祐弥容疑者(32)=つがる市=を逮捕し、発表した。

 県警は、高杉容疑者の友人で、この乗用車に同乗した無職の野呂祐太朗容疑者(33)=同=についても、運転者が酒を飲んでいるのを知りながら同乗したとして、道路交通法違反(酒酔い運転同乗)容疑で逮捕。県警によると、高杉容疑者は容疑を否認し、野呂容疑者は認めているという。

 発表などによると、高杉容疑者は9月22日午前1時ごろ、つがる市森田町下相野の国道101号で、酒を飲んで乗用車に乗り、制限速度50キロを約80キロ上回る約130キロで走行。前方の軽乗用車に追突し、乗っていた広船淳(じゅん)さん(43)と愛莉さん(30)夫婦を死亡させたほか、対向車線にはみ出して軽乗用車に正面衝突し、代行運転手の山田春治(はるじ)さん(63)と客の山田久美子さん(46)も死亡させた疑いなどがある。

 高杉容疑者は事故前、自宅で友人数人とバーベキューをしながら飲酒。さらに酒を飲もうと、野呂容疑者を含む2人を車に乗せて移動中に事故を起こした。自身も顔を骨折するなど重傷を負って入院していたが、県警は回復状況をみて逮捕できると判断した。(板倉大地、仲川明里、中野浩至)