サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑をめぐり、ロイター通信は21日、サウジ政府に拘束されているサウジ人の男らが「カショギ氏が大声を出したので首を絞めて殺害した」と伝えた。うち1人はカショギ氏が着ていた衣服を着て総領事館の外に出て、カショギ氏が生きているようにみせる偽装工作もしていたという。

 ロイター通信は、サウジ政府の調査や男たちの証言内容を知るとするサウジ政府高官の話として報じた。

 「総領事館にいた人物がカショギ氏とけんかになった末に死亡させた」とするサウジ政府の20日の発表と同様に、殺害は政府が関与する計画的なものではなく、偶発的なものだったとする内容だ。ともに王室の関与には触れていない。

 高官の話によると、今回の疑惑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら