[PR]

 井山裕太名人(29)に張栩(ちょうう)九段(38)が挑んでいる第43期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第6局が22日、静岡県熱海市の旅館「あたみ石亭」で始まった。

 ここまで名人の3勝2敗。名人が防衛を決めるか、挑戦者が踏みとどまり決着を最終局に持ち込むかの大一番は、名人の趣向から前例のない布石で始まった。

 挑戦者が黒7と左上隅の白石に圧力をかけたのに対し、名人はここを放置して白8と右下隅の黒石にかけかえしたのが珍しい。以下白20まで、左上と右下の対角線上に、黒白所を替えて同形の定石が生まれた。名人は白22から同形を避け、新たな局面に入った。

 解説の秋山次郎九段は「名人はこの大一番に思い切った手を打ちました。『打ちたい手を打つ』という名人らしさが出ています。実戦は、挑戦者が築いた左上の勢力が、今後どう活(い)きるかが焦点。双方それを意識しながら打ち進めています」と話した。(大出公二)