[PR]

 「ムンク展――共鳴する魂の叫び」(朝日新聞社など主催)が27日、上野の東京都美術館で開幕した。ノルウェーを代表する画家、エドバルド・ムンクの60年におよぶ画業を紹介する大回顧展。オスロ市立ムンク美術館所蔵の「叫び」(厚紙にテンペラ・油彩)が初来日している。初期の代表作から晩年の色鮮やかな作品まで約100点を展示している。2019年1月20日まで。一般1600円など。