【動画】生ごみと灰を南アルプス山中に投棄=宮廻潤子撮影
[PR]

 自然保護・活用を目指す「エコパーク」に登録された静岡市北部の南アルプスで、山小屋管理会社が繰り返しごみを投棄していた問題。南アルプスにある、ごみの投棄現場を記者も訪ねた。登山客が行き来する林道から見える大井川沿いの空き地には、直径2・5メートルほどの範囲にわたって、焼却灰に混じって焦げたアルミホイル、オレンジの皮、トマトなどの生ごみが放置されていた。鳥の声が聞こえる中、その一角だけごみのにおいが漂う。

 19日午前10時ごろ、二つのバケツや一斗缶を荷台に積んだ軽トラックが、近くに横付けされた。降りてきた2人はポリ袋を次々と取り出し、逆さにして生ごみを落とした。最後に1人が一斗缶の中の灰を、生ごみを覆うようにまくと、背丈を超える高さまで舞い上がった。去るまでわずか5分弱だった。

 投棄現場を含む南アルプスの静…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら