上品な作風で知られるファッションデザイナーで、皇后さまを始め皇族の服も手がけた芦田淳(あしだ・じゅん)さんが20日、肺炎で死去した。88歳だった。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会を開く予定という。

 50年から画家の中原淳一に師事し、女性服のデザインを学んだ。高島屋の顧問デザイナーを経て、63年に現在の「ジュン・アシダ」を設立。現代的で上品な正統派スタイルを貫き、66年から10年間、当時皇太子妃だった美智子さまの専任デザイナーを務めた。大阪万博や全日空、アトランタ五輪の日本選手団など、制服のデザインも数多く手がけた。(編集委員・高橋牧子)