[PR]

 扉を開くとブルーライトに照らされたアクアリウムに出迎えられる。まるで水族館に来た気分で足を進めると、所狭しと飾られた珍しいコカ・コーラコレクションに目を奪われる。食事に来たことを忘れそうなほど個性的な喫茶店「慈伴賜(ジバンシー)」が、沖縄県浦添市経塚にある。店長の比嘉良和さん(59)は「これ、全部僕の趣味。お客さんにも楽しんでもらって、長くお店に居てくつろいでほしい」とサービス精神旺盛だ。

ブルーライト

 まず目に入ったのは、約40センチ級のフレンチエンゼルフィッシュ。比嘉さん自ら水の入れ替えや温度調節などの管理をするという店内6カ所の水槽には、さまざまな種類の海水魚が泳ぐ。ブルーライトが幻想的な空間を演出する。

 「食事が青く見えちゃうから最…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら