[PR]

 架空の明細書を提出するなどして約12万円の診療報酬をだまし取ったとして、神奈川県警は22日、いずれも歯科医師の東京都品川区荏原3丁目、大石旭(55)、東京都目黒区上目黒1丁目、関口了太(37)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕し、発表した。いずれも容疑を認めているという。県警は少なくとも7年前から同様の請求を繰り返し、不正で得た診療報酬の総額が約6億円に上る可能性があるとみて調べている。

 県警によると、大石容疑者らは共謀して2016年9月~17年10月、歯科医院「アルファスデンタルクリニック」(東京都港区)で、東京都新宿区在住の女性患者の診療日数を28日分水増しして虚偽の診療報酬明細書を作成、都国民健康保険団体連合会に提出。診療報酬約12万円を同区からだまし取った疑いがある。

 県警が、両容疑者の歯科医院から約1600人分のカルテを押収して調べたところ、11年10月以降、約9億円の診療報酬を請求していたことがわかったという。大石容疑者は「開業などによる借金返済のため、09年ごろから不正を始めた。7、8割は不正請求」と話しているという。両容疑者は1、2年で病院名を変更したり、移転を繰り返したりしていたという。(神宮司実玲)