[PR]

 2020年東京五輪の公式記録映画の監督を、映画監督の河瀬直美さん(49)が務めることが23日、決まった。国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が、カンヌ国際映画祭などで数々の受賞歴を持つ河瀬さんに依頼した。映画は21年春に完成予定。

 河瀬さんは東京都内で記者会見に臨み、「自分に与えられた役割を全うしたい。いつも通り等身大で。五輪で日本がどんな変化を遂げるか。物語を伴った作品にすることで世界中の人の心を動かせると思う」と抱負を述べた。高校時代にはバスケットボールで国体に出場。再びスポーツと関われる巡り合わせに「映画監督になったのはこのためじゃないか。運命のように感じる」と笑顔で語った。

 描きたい題材の一つが被災地の復興とスポーツの関わり。「スポーツを通して生きる希望のようなものを与えられると思う」。もう一つがボランティアの活動だ。「与えることの喜びは日本人が一番持っているのではないか。その精神性を見せられれば」と話した。

 奈良在住の河瀬さんは1997年、劇映画デビュー作「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞。2007年には「殯(もがり)の森」で第2席に当たるグランプリを獲得した。今年9月に亡くなった樹木希林さん主演の「あん」(15年)も監督した。日本人で初めてカンヌの審査委員を務めるほか、10年から故郷で「なら国際映画祭」を立ち上げ、後進育成にも尽力している。

 五輪では、1912年ストックホルム夏季大会以降の大会でIOCが公式映画を作成。64年東京大会では市川崑監督、72年札幌冬季大会では篠田正浩監督、98年冬季長野大会ではバド・グリーンスパン監督が指揮を執った。今回も、IOCと組織委の契約に映画作成は盛り込まれていた。費用は協賛金や放映収入などで賄う予定という。(野村周平)

こんなニュースも