松坂屋(現大丸松坂屋百貨店)で最後の創業家出身の社長で、7月に85歳で亡くなった伊藤次郎左衛門祐洋(じろざえもんすけひろ)さんの「お別れの会」が23日、名古屋市内のホテルであった。多くの参列者が故人をしのんだ。

 伊藤さんは伊藤家の17代目当主。社長に就任した1980年、米ロサンゼルスに進出した。82年2月期には、名古屋店の売上高が中部の百貨店で初めて1千億円を突破した。