[PR]

 「レッドブル・クラッシュドアイス世界選手権」が12月7、8日、横浜市西区の臨港パークで国内初開催される。ジャンプ台や急カーブ、段差を含む急斜面の氷のコースをヘルメットなど防具を付けたスケーター4人が滑り、体をぶつけ合いながらゴールをめざすアイスクロスダウンヒルの世界一を争う。

 大会は2001年にスウェーデンで始まった。国際スケート連盟(ISU)などが冬季五輪の新種目候補として注目しているという。横浜大会は全3戦の今季世界選手権シリーズの開幕戦。来年2月にはフィンランドと米国でも大会がある。

 日本勢ではアイスホッケー出身の山本純子(36)が昨季総合10位の実績を持つ。「ペースを抑えすぎて後悔したり、急ぎすぎて転倒したり。そうした過去の経験を横浜で生かしたい」。インラインスケート・ハーフパイプ世界王者の経歴を持つ安床エイト(35)、武士(32)の兄弟も昨季2大会に出場。一般応募の選手とも一緒に練習し、本番をめざす。

 統括する国際競技団体のオールテラン・スケート・クロス連盟(ATSX)には40カ国以上の選手が登録し、14カ国で国内連盟が組織されている。レッドブル世界選手権シリーズのスポーツディレクターを務めるクリスチャン・パピヨン氏によると、「五輪の新種目にするための話し合いが進んでいる。国際オリンピック委員会が求める基準を満たすのは時間の問題」。ATSXのステファン・アウフシュナイタ会長は朝日新聞の取材に「昨年、ショートトラック・スピードスケートの世界選手権でISUの代表団と会って話し合った。ISUで議論が継続されており、ISUはアイスクロスダウンヒルがフィギュア、ショートトラック、スピードを含むあらゆるスケート競技に若者の興味を向けさせることができると見ている」と答えた。

 飲料メーカーのレッドブル社が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら