[PR]

 68歳の父は6年前にくも膜下出血で倒れて以来、意識がなく寝たきりです。食事がとれず、鼻から入れた管で栄養をとる「経鼻経腸」で栄養をとっています。転院したところ、「中心静脈栄養」を勧められました。どのような違いがあるのでしょうか。(大阪府・F)

 【答える人】丸山 道生さん 田無病院長(消化器外科)=東京都西東京市

拡大する写真・図版丸山(まるやま)道生(みちお)さん 田無病院長(消化器外科)=東京都西東京市

 Q 「経鼻経腸」とは?

 A 人工的に栄養や水分を補給する方法には、腸を経由する「経腸栄養」と、腸を経ずに血管の静脈に栄養剤を入れる「経静脈栄養」の2種類があります。経腸は2種類あり、直径2~4ミリの管を鼻から胃まで通すのが「経鼻経腸」。もう一つはおなかに小さな穴をあけて胃に栄養を入れる「胃ろう」です。

 Q 長期療養に向いているのはどれですか?

 A 腸が使えない人以外は「経腸栄養」が向いています。脳卒中やくも膜下出血の患者には経腸栄養が第1選択肢です。食べ物が腸を通ることで胃腸機能の衰えを防ぐことができ、免疫組織が刺激されて全身の免疫状態を維持できます。腸内細菌が他の部位に移り、感染症を起こすのを防ぐ効果も期待できます。

 Q 経腸のうち、胃ろうと経鼻のどちらがいいですか?

 A 胃ろうは腹部の皮膚を切る小手術が必要です。一方、経鼻は患者が不快に感じることがあります。長期間続けると鼻やのどの中に潰瘍(かいよう)ができやすく、胃から食道への逆流も起こりやすくなります。一般には長期療養には胃ろうが好ましいとされます。

 Q 「中心静脈栄養」とは?

 A 心臓近くの静脈に点滴栄養を入れるもので、腸閉塞(へいそく)などで腸が使えない人に向いています。一方で免疫力が落ちて感染症にかかりやすく、わずかでも細菌が入ると血管を通って全身に広がる恐れがあります。医療費は胃ろうより2~3倍高く、患者側の負担は増える傾向です。

 どの方法でも人工栄養は一度始めると、やめるという決断はしにくいものです。本人の希望や年齢、病状を踏まえ、始める際に人工栄養をしないという選択肢も含めてよく話し合ってください。

【メール】  kenko@asahi.comメールする

【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部

【ファクス】 (東京)03・3542・3217

       (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>

https://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/