[PR]

 「泣き虫愛ちゃん」の愛称で多くの国民から親しまれ、出場した五輪4大会で二つのメダルを獲得した福原愛さん(29)が23日、ブログで引退を表明してから初めて、取材に応じた。

 競技の手ほどきを受けた母の千代さんや、長女への思いも口にした。「母と一度もダブルスを組んだことがないので、いつか組んでみたい」「娘には自分が卓球選手だったことを内緒にしたい。小学生くらいになった時、温泉卓球でいきなりスマッシュとかを打って『何でお母さんできるの』みたいなことをやりたい」などと笑った。

 主なやりとりは次の通り。

 ――いまの心境は。

 色々な方から「お疲れ様」と言って頂いて、すごく気持ちが軽くなりました。いまはとても晴れやかな気持ちです。

考え抜いて決断

 ――リオ五輪後、競技を続けるかについて、どう気持ちが揺れ動いたか。

 毎日のように気持ちが変わった。「やっと決まった」と思っても、1週間たった時に「あれ、やっぱり違うな」っていう風に思ってしまって。自分中心ではなく、一歩引いて卓球界のこととか、色々なことを考えた時に、今回のような答えがストンと出てきた。その答えが出てきてからは、考えが変わることはなかった。やっと、自分が考え抜いた決断ができたかなと思っています。

 ――ご家族やご主人(台湾代表の江宏傑選手)に相談したか。

 母には小さい頃から「やるのもやめるのも、あなた次第」という風に、ずっと指導してもらってきた。母には全て自分で決めた後に、報告という形で話をしました。主人には、毎日のように自宅で「練習しようかな、やめようかな、どうしようかな」と独り言のような感じで聞いてはもらってきたんですけど、最終的に答えを出したと言った時も「そうなんだ」と受け止めてくれました。

 ――この時期に発表したのは、Tリーグが開幕することも関係したか。

 Tリーグの開幕は、私の中ですごく大きい。やっぱり日本卓球界にとって新しい一歩となる、新しいリーグの前に、理事として、お仕事をさせて頂く中で、私1人、まだ悩んでいるとか、自分の考えを口に出す勇気もなくいるのは、卓球界に対してとても失礼だなと思った。私も気持ち新たに、理事としての一歩を踏み出そうと思ったので、このようなタイミングでの発表とさせて頂きました。

■思い出は全日本で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら