[PR]

 11月18日の神戸マラソン(県・神戸市など主催、朝日新聞社など共催)まで残り1カ月を切った。神戸マラソンの特徴は、地元の神戸市や兵庫県以外からの参加者が多くを占めることだ。観光を兼ねての参加も多い。朝日新聞神戸マラソン応援リポーターでNMB48メンバーの佐藤亜海さん(18)と新澤菜央さん(20)が、マラソンとセットで楽しめそうな神戸の見どころスポットを取材した。

 2万人もの人が駆け抜ける神戸マラソン。初めて神戸に来る方もきっと多くおられますよね。そんな方々に、ぜひ神戸の魅力ある場所を知ってほしいです。案外、県内に住む人でも足を運んだことのない場所があるのではないでしょうか。

 まずはご存じ、神戸の海が見える高台にある「北野異人館街」。かつて神戸に居留する外国人たちが住んでいたお家や領事館の建物を保存・再現した、異国情緒たっぷりの人気スポットです。

 明治のドイツ人貿易商が自宅として建てた「風見鶏の館」や、パナマ領事館だった建物を利用した「神戸トリックアート・不思議な領事館」――。神戸がずっと昔から国際都市だったことが感じられますね。

 そんな異人館街のなかで私たちが訪れたのは、「北野外国人倶楽部(くらぶ)」。神戸港開港当時に外国人居留地にあった、会員制の社交場を再現したのだとか。なんとドレスを借りられるサービスもあるとのことで、私たちも好きなものを選んで記念撮影。豪華な甲冑(かっちゅう)や暖炉に囲まれた部屋で、昔にタイムスリップした気分。これは「インスタ映え」間違いなし! ついつい自撮りに夢中になっちゃいました。外国人倶楽部は10月現在休館中で、11月中旬ごろには再開の予定です。ドレスを借りる方法や開館日などの問い合わせは、異人館うろこグループのオペレーションセンター(0120・888581)へ。

 次に向かったのは、異人館街の端と神戸布引ハーブ園を結ぶ「神戸布引ロープウェイ」。新神戸駅近くの山麓(さんろく)駅から山頂駅まで、全長が1460メートル、高低差は330メートルもあるのだとか。

 私たちも、周囲360度の風景…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら