安田純平さんと同じシリア拘束の恐怖、体験者が語る

有料会員記事

マドリード=疋田多揚
[PR]

 内戦下のシリアで、過激派組織ヌスラ戦線(現・シャーム解放委員会)に2015年7月から翌5月まで拘束されたスペインジャーナリスト、アンヘル・サストレさん(38)が23日、安田純平さんとみられる人物の解放を知って、「安田さんが解放された!」とツイッターに投稿して喜んだ。サストレさんは今年8月末、首都マドリードで朝日新聞の取材に応じ、自身の拘束体験を語っていた。

 サストレさんは15年7月、他のスペイン人ジャーナリスト2人、シリア人通訳1人とともに、当時は反体制派が支配していた北部アレッポを車で移動中、後続車から降りてきた覆面姿の男6人に拉致された。

 この約3カ月後、サストレさんたちはこの一団からヌスラ戦線に引き渡された。サストレさんは他の3人と引き離され、民家らしき建物を転々とさせられた。監禁された部屋はどこも監視カメラ付きで、窓には鉄格子がはめられていたという。

 ヌスラ側から絶えず「スペイ…

この記事は有料会員記事です。残り990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら