【動画】解放され、名前などを語る安田純平さん=トルコ・ハタイ県庁提供
[PR]

 内戦下のシリアに2015年に入国した後に行方不明になり、過激派組織の拘束から解放されたとみられるフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、日本政府は24日、安田さん本人と確認したと発表した。

 河野太郎外相が24日午後、「無事が確認されたことは非常に喜ばしい。カタール、トルコ両政府の関係者に御礼申し上げる」と記者団に明らかにした。政府は、23日午後9時ごろにカタールからの連絡で、安田さんが解放されてトルコ南部アンタキヤの入管施設にいるという情報を得たとして、身元の確認を進めていた。

 安田さんの知人によると、安田さんは15年6月下旬、内戦の取材のためシリアに向かった。トルコ南部からシリア北西部のイドリブ県に徒歩で渡った後、音信不通になったという。

 16年3月に安田さんの拘束が明らかになり、インターネット上に安田さんとみられる男性の動画が投稿された。髪やひげを伸ばした男性が英語で「私はジュンペイ・ヤスダです」「彼らから『メッセージを送っていい』と言われた」などと話した。今年7月にも相次いで2回、安田さんとみられる男性が映った動画が投稿された。