乗り心地VS.デザイン レクサスES開発者の答えは…

有料会員記事

初見翔
[PR]

 「レクサスES」の開発責任者を務めた榊原康裕さん(53)が朝日新聞などのインタビューに応じた。

 ――開発するにあたって意識したことは。

 「土台となるのは快適性。ESの基本的なところで、どうしても外すことはできない。乗り心地のよさ、静粛性、広い室内空間。これらを残したうえで、走りやデザインを加えていった。開発者からみると相反することだが、うまく落とし込めたと思う」

 ――日本市場には初めての投入。判断の決め手は。

 「これまで世界各地でさまざ…

この記事は有料会員記事です。残り714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら