高円宮家の三女絢子(あやこ)さま(28)と日本郵船社員の守谷(もりや)慧(けい)さん(32)が29日午前、東京・代々木の明治神宮で結婚式を挙げた。女性皇族の結婚は、2014年の高円宮家の次女千家典子さん以来。式終了後の午後には港区役所に婚姻届が提出され、絢子さまは「守谷絢子さん」になる。

 結婚式後、お二人は仮殿を参拝し、記者会見に臨んだ。絢子さまは「私の高祖父にあたります明治天皇が祭られておりますこの明治神宮にて、挙式をできたことをうれしく思います」と述べ、公務先やこの日も多くの人々に祝福してもらったことに「何と幸せなことなんだろうとかみしめております」と話した。

 守谷さんは「たいへんありがたいことと存じます。二人でしっかり手を取り合って、前を向いて笑顔の絶えない家庭を築いてまいりたい」と話した。

 式に先立ち、東京・元赤坂の高円宮邸では、守谷さんの使者が絢子さまを迎えに行く「入第(じゅだい)の儀」が行われた。午前9時半ごろ、守谷さんの使者を務める親族の男性医師が「本日のよき日にあたり、ご機嫌麗しく恐悦至極に存じます。ただいま、絢子女王殿下をお迎えにまいりました」と述べ、絢子さまが「ありがとうございます」とこたえた。

 故・高円宮さまの肖像画が飾られた部屋で、母の高円宮妃久子さまが見守る中、絢子さまはおすべらかしの髪形で、三笠宮家から借りた袿袴(けいこ)を着用して臨んだ。その後、宮邸の玄関で久子さまと姉の承子さまに見送られ、車で結婚式場へ。午前10時半ごろ、明治神宮に到着した絢子さまは、守谷さんに出迎えられてともに一礼して鳥居をくぐり、集まった友人らに見守られながら、一般の人々からの「おめでとうございます」との声や拍手に笑顔で応えていた。

 結婚式は午前11時半から神楽殿で行われた。(多田晃子、緒方雄大)