[PR]

 全日本大学駅伝の選手たちが走る国道23号にほど近い三重県鈴鹿市の鈴鹿医療科学大学の千代崎キャンパスは、東海3県の大学で唯一、鍼灸(しんきゅう)を学べる学科がある。1991年度に開学し、2004年度に鍼灸学科を設けた。鍼灸を学べる大学は全国に12校しかなく、定員30人の学科には各地から学生たちが集まってくる。

 学生たちは2~4年次に、学内にある「鍼灸治療センター」で実習にいそしむ。ここでは鍼灸師の資格を持つ10人の教員らが臨床的な研究にも取り組んでいる。西村甲センター長は「研究成果を地域に還元する役割もある」と話し、一般向けの診療もする。その腕前は口コミで広がり、県内だけでなく、名古屋や東京から通う患者もいるといい、年に延べ約5千人が受診する。

 診療の種類は多岐にわたる。鍼灸の本場・中国出身の教員も2人おり、一般的な施術だけでなく、子ども向けの治療や、目尻のしわなどを取る美容鍼灸にも力を入れる。治療や実習では太さ0・12~0・24ミリ、長さ15~60ミリの、日本で開発された繊細な鍼が使われるが、強い刺激が必要な患者には、太さ0・35ミリ、長さ75ミリの大きめな「中国鍼」を使うこともある。

 中国鍼の遣い手で、美容診療も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら