[PR]

 佐賀県が舞台のアニメ「ゾンビランドサガ」が注目を浴びている。ゾンビ化した少女たちがアイドルになって佐賀を救うという奇抜なストーリーだが、県もまじめに企画に協力。民間調査の都道府県魅力度ランキングで下位に沈むなか、二次元のゾンビアイドルたちが文字通り、救世主となれるか。

 「どやんす!? どやんす!?」。アニメの劇中、唐津弁の主人公、源さくらが困りだした。「どうしよう」という意味だ。SNS上では「どやんすかわいい」という反応があった。

 今月上旬からインターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」のほか、サガテレビやTVQ九州放送などで深夜から未明に放映中だ。これまで佐賀城本丸歴史館やJR唐津駅など、県内の風景が次々と登場している。

 県によると、2016年春に製…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら