[PR]

 鳥取砂丘をもっと楽しんでもらおうと、鳥取市福部町湯山の鳥取砂丘駐車場内に「山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター」が完成し、25日、報道関係者らに披露された。26日に一般公開される。

 センターの見どころの一つが2階にある半円状のミニシアター「すなくら」。ドローンなどを使って1年間かけて撮影した鳥取砂丘の風景を約7分間にまとめて上映する。季節や朝昼晩で変化する景色を楽しめるほか、空から俯瞰(ふかん)したり砂丘をはったりするような映像もあり、自分が鳥や昆虫になった気分にもなる。

 ミニシアターは床もスクリーンになっている。来館者の動きに反応するようにできており、歩いた跡にハマヒルガオの花が咲いたり、両手を挙げると砂が崩れたりするような映像を体感できる。ミニシアターの壁は実際の砂丘の砂を使った風紋の形になっている。

 センターは環境省の施設で、県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら