結婚して皇室を離れた高円宮家の三女守谷絢子さん(28)と日本郵船社員の守谷慧(けい)さん(32)の結婚披露晩餐(ばんさん)会が30日、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。皇族方や安倍晋三首相ら約70人が出席。皇太子さまが「どうぞこれからもお互いを助け合って、笑いの絶えない明るい家庭をお築き下さい」などと乾杯の発声をした。

 絢子さんはピンクのシルク地のドレス姿。シルク地はカンボジア製で、NPO法人「国境なき子どもたち」専務理事だった守谷さんの母の故・季美枝さんが生前に選び、団体から宮家に贈られたものだという。引き出物は陶器製のボンボニエールで、両家の紋の周りに絢子さんのお印の葛があしらわれている。

 宮内庁の山本信一郎長官と和田裕生・書陵部長は30日、皇室の戸籍簿にあたる「皇統譜」に、絢子さんが結婚により29日に皇族の身分を離れたことについて登録した。(多田晃子、緒方雄大)