[PR]

 長崎県内の公立学校で2017年度に認知されたいじめの件数は2270件で、前年度から219件増えた。特に小学校で197件増と増加が目立ち、現在の調査方法となった06年度以降で最も多かった。

 文部科学省の調査結果を受け、県教委が県内分(対象584校)を10月25日に発表した。

 いじめの認知件数は小学校1582件、中学校574件、高校112件、特別支援学校2件。小学校では暴力行為が144件(前年度比69件増)、不登校の児童数が353人(94人増)で、いずれも過去最多だった。

 県教委によると、いじめの相談…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら