写真・図版

[PR]

 脳の血管内にできるこぶ「脳動脈瘤(りゅう)」を、脳ドックなどの画像から見つけやすくするAI(人工知能)を、大阪市立大などのグループが開発した。診断の補助に使える可能性があるという。23日付の北米放射線学会の学会誌に掲載された。

 こぶは血管が枝分かれするところにでき、破裂すると「くも膜下出血」を引き起こす。「脳ドック」を受け、破裂前のこぶを画像検査で見つけ、必要に応じて治療につなげることが大切だ。

 検査に使われる「MRA」は、通常1人あたり100枚以上の画像を撮影。医師はそこからこぶ(平均4ミリほど)を見つける必要がある。こぶができやすい場所を中心に読影(どくえい)するが、見逃しを防ぐために全体をくまなく読影しようとすると、医師の負担が大きくなる。

 同大の植田大樹(だいじゅ)医…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら