[PR]

 共働きや1人親の家庭で病気になった児童を病院などの専用室で一時的に保育する病児保育事業が今月、宮崎県日向市の小児科医院で始まった。市の委託事業で、県北初の病児保育という。

 医院は、17日に開業した「お倉が浜kids(キッズ)クリニック」(同市財光寺)。市や医院によると、建物面積約540平方メートルのうち約140平方メートルに一般感染用の保育個室5室と隔離個室1室を確保した。隔離室は水疱瘡(ぼうそう)の空気感染を防ぐため。各個室は5畳ほどの洋間で、洗面台や棚、テーブルと椅子2脚を備える。

 保育士4人と看護師1人で対応し、最大6人を預かれる。クリニックと通じているため医師や看護師が回診に来る安心感もある。

 対象は園児~小学生を想定。利…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら