[PR]

 船舶用のエンジン製造が主力のダイハツディーゼルの2018年9月中間期の純利益が、前年比で半減した。大型コンテナ船の建造が一時的に減っているためで、来年後半になれば回復するとみている。

 25日発表した9月中間決算によると、売上高は267億円(前年比9・6%減)、純利益は4億円(同54・8%減)だった。2016年に環境規制が厳しくなったのを受け、大型船向けの納入が増えた前年の反動減があった。

 ただ、木下茂樹社長は、「来年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら